男性看護師が重宝されやすい職場とは

男性看護師は全国の医療機関内で活躍の場が広がっており、男性ならではの視点で看護ケアに取り組める人や、体力に自信がある人が好まれる傾向があります。中でも、精神科や整形外科、リハビリテーション科など、点滴や注射といった基本的な措置だけでなく、患者の身体介護や歩行訓練などのサポートも行う職場においては、女性看護師のみで対応できない業務も多くあります。そのため、各地の患者数が多い病院をはじめとして、積極的に男性看護師が配置されるケースが増えています。また、男性看護師の中でも、早朝や夜間の勤務を得意とする人や、リーダーシップを発揮できる人は、様々な現場で出世しやすい状況にあります。

男性看護師として医療現場で長く働きたい人は、男性の管理職の割合が大きいところや、性別にかかわらず平等な人事評価が行われているところを就職先の候補に決めることがポイントです。なお、各地域の総合病院の中には、一般の病棟だけでなく、手術室や集中治療室などハードな現場においても男性看護師の採用に力を入れているところが目立ちます。男性看護師の待遇は、勤務先の経営状態や配属先、勤務体系などによって大きく異なるため、就活中に時間を掛けて自分に向いている職場を見極める必要があります。その他、実際に一つの職場で長くキャリアを積んだ男性看護師に話を聞いて、仕事への取り組み方やスキルアップの仕方についてきちんと確認をすることも大切です。